日本マグネシウム学会

各賞について

日本マグネシウム学会 功労賞選考規定

(1) 本賞は日本マグネシウム学会功労賞と称する。
(2) 受賞候補者は原則として一般社団法人日本マグネシウム学会の名誉会員
  および正会員であり、永年にわたりマグネシウムおよび関連するミネラ
  ルの学問の発展、普及および、本学会の発展に貢献した者とする。
(3) 受賞者は本学会理事会にて選考され、総会の承認をもって決定される。
(4) 受賞者に対しては一般社団法人日本マグネシウム学会総会において表彰
  し、功労賞楯と副賞を贈呈する。
(5) 本選考基準の改正には理事会および総会の承認を得ることを要する。

 

日本マグネシウム学会 学会賞選考規定

(1)  本賞は日本マグネシウム学会 学会賞と称する。
(2)  受賞候補者は一般社団法人日本マグネシウム学会の会員であり、発表
   (または受理)されたマグネシウムおよび関連するミネラルに関する
   英文原著論文筆頭著者とする。ただし、その研究は日本国内で行われ
   たものであること。また、共著者は共同受賞とする。
(3)  受賞者は理事会において選考、審議、承認の上、総会の承認をもって
   決定される。
(4)  日本マグネシウム学会賞は、原則として1年度に1名とする。
(5)  受賞者に対しては一般社団法人日本マグネシウム学会総会において表
   彰し、学会賞楯と副賞を贈呈する。
(6)  本選考基準の改正には理事会および総会の承認を得ることを要する。

 

日本マグネシウム学会 奨励賞選考規定

(1) 本賞は日本マグネシウム学会奨励賞と称する。
(2) 受賞候補者は原則として会誌「マグネシウム」に掲載された原著論文の
  筆頭著者とする。また、共著者は共同受賞とする。
(3) 受賞者(筆頭著者)は一般社団法人日本マグネシウム学会の正会員で論
  文掲載時に満45歳未満の者とする。
(4) 理事は前年度に掲載された論文の中から第1位、第2位と考えられる著
  者を選出し、所定の投票用紙に期日までに事務所宛送付する(電波的
  記録を含む)。ただし、同一著者が2編以上の論文を投稿している場
  合は著者の選択によりそのうちの1編のみを対象とする。
(5) 理事長は本投票を主計し、第1位2点、第2位1点として計算し、原則
  として、得点の高い2名を受賞者とする。同点の場合は理事会の決
  議による。受賞者候補者の資格調査は理事長が行う。
(6) 受賞者に対しては次年度の一般社団法人日本マグネシウム学会総会にお
  いて表彰し、奨励賞楯と副賞を贈呈する。
(7) 本選考基準の改正には理事会および総会の承認を得ることを要する。

 

日本マグネシウム学会功労賞受賞者

 
受賞者名 受賞日
第1回 糸川嘉則 氏 第26回学術集会(2006.10.23)
第2回 森井浩世 氏 第27回学術集会(2007.11.10)
第3回 八瀬善郎 氏 第28回学術集会(2008.11.29)
第4回 五島孜郎 氏 第29回学術集会(2009.11.28)
第5回 西尾 晃 氏 第30回学術集会(2010.11.20)
第6回 小林昭夫 氏 第32回学術集会(2012.11.17)
第7回 岡崎正之 氏
菊地健次郎 氏
第33回学術集会(2013.9.28)
第8回 齊藤 曻 氏 第36回学術集会(2016.11.19)
 

日本マグネシウム学会奨励賞受賞者

 
受賞者名 論文名
第1回 田沼 悟 氏
(田沼小児クリニック)
微量分析法による性別・年齢別リンパ球内マグネシウム量
第2回 郡健二郎 氏
(近畿大学医学部泌尿器科学)
地質及び飲料水中のマグネシウムによる尿路結石の予防効果について
第3回 武田隆久 氏
(京都大学医学部衛生学)
老人病院における入院患者の血液ミネラル性状―マグネシウムと他の微量元素の相関について
田端エルミナ・りかる 氏
(東京大学医学部老年病学)
マグネシウム摂取の抗動脈硬化作用に関する実験的研究
第4回 三谷和男 氏
(和歌山県立医科大学神経病研究部)
アルミニウムによる神経変性について―マグネシウム欠乏状態における中枢神経系への影響
大友 透 氏
(札幌医科大学第二内科)
治療下慢性心疾患患者と急性期心筋梗塞患者における血清Mg濃度と重症度、及び血漿 noradrenaline 濃度との関連
第5回 坂口英明 氏
(鹿児島大学農学部家畜薬理学)
Mg欠乏ラット摘出胸大動脈の norepinephrine収縮増強には
α1-receptor 刺激によるCa流入増大が関与する
岡崎正之 氏
(大阪大学歯学部理工学)
不均質系Mg含有アパタイトの結晶学的性質
第6回 山本克人 氏
(徳島大学医学部第二内科)
虚血時および再灌流時の電気生理学的変化に対する硫酸マグネシウムの影響―全身投与法とcoronary sinus retroinfusion 法の比較―
西牟田守 氏
(国立健康・栄養研究所疲労生理研究室)
日本人青年におけるマグネシウム出納
第7回 五十嵐悦雄 氏
(福島県立医科大学小児科)
欠乏ラットにおける体内組織Mg濃度と単核球内Mg量との関係
宮本 篤 氏
(鹿児島大学農学部家畜薬理学)
Mg欠乏ラット摘出胸大動脈平滑筋のフェニレフリンによる収縮増強は細胞外Caイオンの流入増大による
第8回 神田純子 氏
(鹿児島大学農学部家畜薬理学)
Mg欠乏ラット摘出胸大動脈平滑筋細胞内遊離CaおよびMgイオン濃度
由田克士 氏
(金沢医科大学公衆衛生学)
中年男性におけるマグネシウム摂取量・摂取密度と食品群別摂取量および栄養素等摂取量の関連
第9回 中川麻恵 氏
(鹿児島大学農学部家畜薬理学)
食餌性Mg欠乏ラットおよびイヌの血漿中に増加する分子量約38kDaタンパク質について
松山とも子 氏
(鹿児島大学農学部家畜薬理学)
食餌性Mg欠乏ラット摘出胸大動脈平滑筋のNO感受性増大
第10回 池川雅哉 氏
(京都大学大学院医学研究科社会医学系)
南極雪中マグネシウムとその他の微量元素
陳 恵君 氏
(京都大学大学院医学研究科社会医学系)
リボフラビン欠乏によるラット組織中のミネラルおよびグルタチオンペルオキシダーゼ活性の変動
第11回 岡部 均 氏
(昭和大学附属豊洲病院小児科)
肥満児における全血イオン化Mgとインスリン抵抗性
田村 明 氏
(京都大学大学院農学研究科応用生物科学専攻)
ブタ飼料への酵母フィターゼ添加がマグネシウム利用性に及ぼす影響
第12回
第13回
大森英之 氏
(京都大学大学院農学研究科応用生物学専攻)
安定同位体を用いた真のMg吸収測定法の検討
川村祐一郎 氏
(旭川医科大学第一内科)
大学入学検診時心電図におけるQT dispersionと血中マグネシウム濃度との関連
柴田雅士 氏
(岩手医科大学第二内科)
心筋梗塞症時のインターロイキン6(IL-6)産生におよぼす硫酸マグネシウム(MgSO4)投与の効果
武田隆司 氏
(京都大学大学院医学研究科外科系専攻)
高マグネシウム摂取による血清脂質系指標の改善
第14回 阪本尚正 氏
(兵庫医科大学大学院医学研究科外科系専攻)
血清中オステオカルシンのGla化状態と血中、尿中Ca,P,Mgの糖負荷後変動との関係
第15回 松﨑広志 氏
(東京農業大学)
雄ラットにおけるマグネシウム欠乏食給与時の腎石灰化の発症と腎機能の変動
武田隆司 氏
(タケダライフサイエンス・リサーチセンター)
日本人中年男女の血中マグネシウムおよびその他ミネラル濃度
第16回 伴みずほ 氏
(京都短期大学生活福祉科食物栄養)
外来糖尿病患者における食物摂取頻度調査法によるマグネシウム摂取調査
第17回 古川由里子 氏
(NTT物性科学基礎研究所JST)
ラット大脳皮質および海馬培養神経細胞に及ぼす低マグネシウムの影響
山下智栄 氏
(タケダライフサイエンス・リサーチセンター)
矯正施設被収容者の施設入所前のマグネシウムおよびその他ミネラル摂取状況
第18回 中谷友美 氏
(東京農業大学応用生物科学部)
ラットにはマグネシウムに対する選択摂食能は存在しない
近藤明子 氏
(タケダライフサイエンス・リサーチセンター)
血液中濃度からみた日本人高齢者のマグネシウム栄養状態