日本マグネシウム学会

投稿規定

マグネシウム誌投稿規約


I.総 則

本誌は,マグネシウムおよびそれに関連したミネラル、バイオファクターに関する論文(和文または 英文)等を掲載する。
筆頭著者は、編集委員会依頼の場合を除き本会正会員、準会員に限る 。但し、共著者はこの限りではない。
なお,掲載論文の複製権,翻訳権,公衆送信権(送 信可能権も含む),頒布権,譲渡権,貸与権は一般社団法人日本マグネシウム学会に属する。

II.論文種別

1.説 苑

本誌にかかわる随想など自由な課題で、執筆する。表、図などを含め10(A4版)ページ以内とする。

2.総 説

ある研究分野の最近の進歩を概説的に述へたもので、表、図などを含め15(A4版)ページ以内とする。

3.総合論文

著者の複数の原著論文の内容をまとめたもので、表、図などを含め15(A4版)ページ以内とする。

4.原 著

未発表の研究成果についての完結した論文で、表、図などを含め15(A4版)ページ以内とする。

5.短 報

原著に準ずる内容であって、新知見を 報告するもので、表、図などを含め6(A4版)ページ以内とする。その他は原著に準ずる。

6.資 料

著者の主観をはさまない研究成果、統計資料等で、表、図などを含め6(A4版)ページ以内とする。

7.症例報告

病態などの症例に関する内容を報告するもので、表、図などを含め6(A4版)ページ以内とする。その他は原著に準ずる。

8.研究論文紹介

国内外の欧文誌に発表された著者自身の原著(投稿時に添付すること)を要約したもので、表、図などを含め6(A4版)ページ以内とする。

III.原稿作成要領

1. 原稿

 A4版(1 枚当たり 40 字 ×25 行、1000文字)にて、横書き、新 かな使い、当用漢字、MS Word バージョン2003以降を用いて記載す ること、原則として、表題、著者名、所属、英文抄録、緒言, 実験 方法、実験結果、考察、結論、謝辞、文献の順に記載する。

2. 英文抄録等

 別表原稿作成要領等一覧により 200 語程度の英文抄録(和文論文の場合)、または、和文抄録(英文論文の場合)、5 語のキーワード、和文おまたは英文 30 字以内のランニングタイトルをつける。

3. 文章の字句

 「公用文の書き表し方の基準(資料 編)」(文化庁文化部国語課編,第一法規版)に従うことを原則とする。動植物の名は片かな書きとし、 化学物質名は原則として文部省学術用語集(和文) に従うが、字数の多い化合物名、酵素名、外国人名、外国地名などは、原則として欧文で記す。

4. 記号及び略号

 数量の記号については、できる限り国際的に通用するものを使用すること(別紙 2 略語,記号表参照)。なお、文中に同じ物質名が、たびたび出る場合は略語を用い、その略語について脚注を付す。

5. 倫理規定

 ヒトを対象とした論文は,「ヘルシンキ宣言」(1964 年承認),「ヒトを対象とする医学的 研究の倫理的原則」(2004 年追加)の精神に則した 研究であることを明記せねばならない。また、動物を用いた研究についても、「実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準」(平成 18 年 4 月 28 日環境省告示第 88 号、改正平成25年8月30日環境省告示第84号)を遵守して行われたことを明記せねばならない。

7.図表及び構造式

 図表は原稿と同形の別紙を用い, 番号を付した上,本文中の挿入場所を示すため原稿の右欄外にその番号を朱記すること。図や複雑 な構造式は,製版に移せるよう鮮明に作成すること.製版上不適当なものについては,書き直しを 求めることがある.

8.引用文献

文中に番号を上付けで付し,引用文 献の著者名が記載されている場合には,著者名の 後に引用文献の番号を付す。引用文献の著者名が 記載されていない場合には,文章の最後にまとめて引用文献の番号を付す。複数の文献を引用する 場合には,文献の引用番号が 2つ連続する場合には 1)2) のように,3つ以上連続する場合には 1)-5) の ように,また 3つ以上で連続しない場合には 1)3)5) のように記載する。   

文献引用例

○雑誌の場合は,全著者名:標題,雑誌名,年号,巻数,頁-頁の順に記す。
1)合田忠,坂本龍夫:抗酸菌の中性紅反応に関する一考察。結核 1967;42:279-283.
2) Pell S, D'Alonzo C A : Chronic disease morbidity and income level in an employedpopulation. Amer J Public Health 1970 ; 60 : 116-129.
1)2)の註:原則として号数は記載しない。ただし通関頁のない場合は号数を記すこと。 雑誌名はその雑誌が使用している略名とする。
○単行本の場合は,編・著者名:書籍名,同所在地,発行所,発行年,頁の順に記す。
3) 中川一郎、二国二郎,吉川春寿:新栄養学.東京:朝倉書店,1963:497.
4) Grundy F:Preventive Medicine and Public Health. London : H K Lewis and Co.Ltd.,1960.
5) Feldstein M : In : Progress in Chemical Toxicology, Vol. 1.Stolman A., ed, New York and London : Academic Press, 1969 : 331.
3)4)5)の註:引用箇所の頁数を記すこと。ただし内容を全般的に引用する場合は頁数を略してもよい。

8. 本雑誌の単位符合は原則としてSI単位を用いる。(JIS Z 8203参照)

例:1) 長さ,面積,体積  km,m,cm,mm,μm,nm,(特殊な分野ではÅ)km2,m2,cm2,mm2,(ha,a)m3,cm3,mm3
2) 質量  kg,g,mg,μg.Pg

9. ページ数

原稿は必ずページ番号,行番号を表示すること。各論文種別の制限ページ数は,図表, 文献,及び英文抄録を含めたものである。

10. 転載許可

原稿の図・表の引用には著作権に留意し,必要な場合は転載許可を得ること。

IV.投稿要領

1.審査の迅速化を図るため,出来るだけ電子投稿を推奨するが,従来のハード  コピーによる投稿も認める。
2.原稿添付記載事項:本会ホームページよりダウンロードし使用する。
3.原稿取扱料:電子投稿の場合は無料とする。
4.別刷り, 1) 電子ファイル: 別刷りを希望する場合は, 30 部は無料、それ以
 上は著者の実費負担とする。 2)電子ファイルを希望する場合は,著者の実
 費負担とするし, 電子ファイルは PDF ファイルとする。
 3)「別刷り」「PDF」両方購入も可。
5.原稿送付先: 郵送による投稿の場合には,鮮明なコピー2 部 並びに使用
 した機種名,ソフト名,氏名を明記した電子媒体を添付し,書留郵便で送付す
 ること。 電子投稿による投稿の場合には,本文,図表や写真をすべて含む
 一個の MS Word ファイルおよびPDF ファイルを作成すること。 投稿フ
 ァイルは(i)原稿添付記載事項ファイル(ii) 英文抄録に相当する和文ファイ
 ル(iii)原稿ファイルの順にメール添付で送付すること。
掲載決定後,図表や写真などのオリジナルファイルの提出を求めるので,バックアップをとっておくこと。

送付先

〒606-8302
   京都市左京区牛の宮町4公益財団法人日本イタリア会館内
   一般社団法人日本マグネシウム学会

   編集委員長(鳥光慶一)宛に提出する。
   E-mail: mgr@mbox.kyoto-inet.or.jp 
   編集委員長 torimitu@biomems.mech.tohoku.ac.jp

V.掲載要領

1.原稿の採否および修正等

原稿の採否おおび文章・字句の修正は,編集委員会に一任のこと。改稿を求められた原稿を原則として 3 ヵ月以内に再提出しない場合は,取り下げたものとする。

2.掲載の順序

掲載の順序は,原則として原稿の受理順とするが,審査あるいは編集の都合で必ずしもこれによらないことがある。

3.初校

初校は原則として著者へメールで送付する.なお,著者初校は,脱落や誤植などの簡単な校正にとどめ,1週間以内にメールで返送すること。

4.アート紙

アート紙を使用する場合(カラー印刷)は,実費を著者負担とする。